2022年09月25日

2022年9月25日(日)昔懐かしい稲刈り・ハセがけ体験

2022年9月25日(日)
昔懐かしい稲刈り・ハセがけ体験
昨日までの雨が嘘のように晴れた、稲刈り日和。
ふるさと創生大学研究員と地域の方が参加。
農業経験者、初体験者、17名が力を合わせて
午後1時から午後3時まで、稲刈りとハセがけ体験する。
稲刈りをする人、刈った稲を集める人、ハセを組立てる人、ハセがけする人、みなさん、役割分担し、効率よく体験する。
参加者より、農家の大変さを実感し、お米の値段が高い理由が分かったと感想を受ける。また、みんなで協力して稲刈りする事の大切さ等、実りある稲刈り・ハセがけ体験となった。
10月10日(月)は、小学生が中心となった世代間交流、稲刈り・ハセがけ体験を開催予定。
文責 佐藤(勝)
755617DA-14AC-4E63-B625-5C290BF18E6D.jpegC579BB88-0FD0-4AA4-9CB8-F6633878B968.jpegA3C6C729-973C-494F-A8B3-2701C08F4AF7.jpegD73B433C-E940-4E52-9EE4-45752ECDE036.jpeg
posted by 一般社団法人文化政策・まちづくり学校 at 16:41| Comment(0) | 報告

2022年09月11日

2022年9月10日(土)ふるさと創生大学 活動報告

2022910()

ふるさと農園に寄り、トマトを収穫し皆んなでおやつに食べました顔1(うれしいカオ)

農園は草ボウボウです。やはり手入れが必要と感じられたことは、来年に活かしたいと、経験から学べた、体験学習です。

午前は、図書のポップ作成と、全国47都道府県の千代紙で、カルタ作りをしました。午後は、地球環境「自然学」講座で、テーマは「種の保存から生態系の保全」、講師は一般財団法人自然公園財団法人 専務理事の鳥居敏男先生。

国立公園の選定では、風光明媚だけではなく、生態系などから釧路湿原などが国立公園に指定されたことなどの興味深い講演でした。視聴された方の中には、動物愛護の関わり方(野生動物などに餌を与える大人たちもいる)などについて質問されるなど身近に感じあった講演でした。

今夜の十五夜の月はとてもキレイですねきらきらきらきら

文責 阿保


86750004-E55C-4BD2-A78B-8DDFBD303F64.jpeg3744E06D-9F19-4584-BAAC-75C6214FB9C7.jpeg4D6B1F31-283F-474A-9383-DDD4FE755CA5.jpeg
posted by 一般社団法人文化政策・まちづくり学校 at 13:38| Comment(0) | 報告

2022年08月28日

2022年8月27日(土)図書委員会活動

2022827()

図書委員会では、二人でポップ作成をしました。

立派な書道字典も揃えていただきました。書道熱も上がってきたようです。

文責 阿保

89BCE6A9-A290-492A-8239-292FBB2D6826.jpeg19342BC3-E793-41BB-B946-0D65B4401CC1.jpeg05A70C35-3D4A-42C3-979C-C8FDCBFABC87.jpeg82FF28BD-A725-4958-B955-5453139A6875.jpeg
posted by 一般社団法人文化政策・まちづくり学校 at 20:41| Comment(0) | 報告